女性ホルモン サプリメント

MENU

女性ホルモンの性質と役割は?身体のリズムへの影響

女性ホルモンとは男性と女性との間に大きな違いをもたらすホルモンのことです。女性は男性とは異なり、子供を妊娠して出産することができます。このような仕組みを作り出しているのが女性ホルモンです。女性ホルモンは大きく分ける2つのホルモンに分類されます。それはエストロゲンとプロゲステロンです。

 

これらのホルモンは脳による指令を受けた卵巣が作り出します。またこの2つが正常に分泌されていれば問題なく妊娠、そして出産できるわけですが、そうでない場合は妊娠が困難になることがあります。またこれらのホルモンは一定の周期でそれぞれ量のバランスを変えながら分泌されており、女性の身体、そして心に作用します。そのためこれらのホルモンのバランスが崩れると不快感やイライラを感じることもあります。

 

しかし先にも述べたように、女性ホルモンのバランスは基礎体温によって知ることができます。そのため基礎体温が正常でない場合は個々に応じた仕方で対処することも可能なのです。

 

エストロゲンは女性らしさをつくるホルモンとして知られています。女性らしい体を作ることを助けると共に、女性としての感情もこのホルモンに左右されています。また子宮の内膜を厚くし、問題なく妊娠できるように備えることや骨や皮膚にも働きかけるために、このホルモンは若さを保つことにも貢献しています。

 

そしてもう一つの女性ホルモン、プロゲステロンの主な働きは妊娠を助けることです。受精した卵子が子宮内膜に着床しやすくなるよう、子宮の状態を整えるのはこのホルモンです。また体内に水分を保持し、食欲を沸かせる働きをするのもこのホルモンの特徴です。そのため女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと肥満を引き起こすこともあるために注意が必要です。

 

エストロゲンが多く分泌されるときは心身ともに安定していることが一般的ですが、プロゲステロンが多く分泌されるときは腹痛や腰痛、それに頭痛が起こることがあり、精神的にも落ち着かないことがあります。そのためこの時期は多くの女性に不快感をもたらします。

女性ホルモンと生理・ストレスの関係について

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれている二種類が存在しています。この二つの女性ホルモンの役割というのは、エストロゲンは肌の弾力や女性らしさを形成するもので、妊娠するために必要なのがプロゲステロンです。

 

この二種類の女性ホルモンは、生理周期によって分泌量が大きく変動します。特にホルモンの知識がなくても、生理周期に応じて身体と心に変調を覚える女性は多くいます。例えば生理前になるとだるさを感じたり、頭痛や肩こりを感じたり、全身がむくみやすくなったり、胸が張ったりします。

 

身体の不調だけではなく、意味もなくいらいらしたり、気分が落ち込みやすくなったり、集中力や判断力が低下してしまうなど、多様な症状が現れます。そして生理が始まる頃になると、症状は治まります。

 

プロゲステロンが排卵後に多く分泌されることと、エストロゲンとプロゲステロンがバランスを崩すことで、このような月経前症候群を起こすと言われています。

 

髪の毛のツヤやコシ、それから薄毛や抜け毛も女性ホルモンに深く関係しています。エストロゲンはコラーゲン生成を促す働きがあって、髪の毛の太さにも大きく影響しています。ですので加齢により女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、毛が細くなり、ハリとツヤも失われてしまうのです。

 

薄毛についてもやはりエストロゲンの分泌量が減少してしまうことで、一気に抜けやすくなってしまいます。

 

加齢以外にも、産後などに妊娠中増えていたエストロゲンが減ってしまうことで、抜け毛が増えます。エストロゲンには髪の毛の成長を促して、発達させる働きがあります。それが40代以降になるとどんどん減少してしまうので、髪の毛の成長期が短くなってしまい、その代わりに休止期が長くなっていきます。それが抜け毛と薄毛が目立つ原因になるのです。

 

女性の薄毛というのは、ストレスや血行不良も影響してると言われています。ストレスも女性ホルモンの分泌に大きく影響しますし、血行不良の原因になる冷えもやはり女性ホルモンのバランスを乱します。毛髪は女性ホルモンに大きく関係しているのです。

女性ホルモンを増やす食べ物や生活習慣は

女性ホルモンをふやす食べ物は、大豆イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンE、パントテン酸を含む食材です。

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをすることがわかっています。大豆イソフラボンを多く含む食べ物は、大豆、納豆、豆腐、豆乳、油揚げ、きな粉、味噌などかあります。

 

ビタミンB6を多く含む食べ物は、にんにく、まぐろ、酒粕、牛レバー、かつお、鶏ひき肉、いわし、鶏レバー、鮭、とうがらし、ピスタチオ、ごまなどです。ビタミンEを多く含む食べ物は、あんこうのきも、すじこ、キャビア、いくら、あゆ、いわし、たらこ、モロヘイヤ、大根の葉、煎茶の茶葉、とうがらし、アーモンド、サフラワー油などです。

 

パントテン酸を多く含む食べ物は、鶏レバー、豚レバー、牛レバー、鶏ハツ、卵黄、納豆、たらこ、うなぎ、干ししいたけ、フォアグラ、抹茶、とうがらしなどです。

 

これらの女性ホルモンをふやす食べ物だけをとるのではなく、栄養バランスを考えて、多くの食材を食べるということも女性ホルモンをふやすためには重要なことです。また、女性ホルモンをふやすサプリを積極的に摂ることも有効です。

 

また、女性ホルモンに悪影響な生活習慣とは、次のようなことです。

 

栄養バランスの悪い食事

栄養バランスの悪い食事を続けることは、女性ホルモンに悪影響な生活習慣です。女性ホルモンを増やす食べ物は、大豆イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンE、パントテン酸を含む食材ですが、女性ホルモンを増やす食べ物だけを摂るのではなく、栄養バランスを考えて、多くの食品を摂るようにしてください。

 

睡眠不足

睡眠不足も、女性ホルモンに悪影響な生活習慣です。特に、午後10時〜午前2時までの「ゴールデンタイム」には『成長ホルモン』が分泌され、ホルモンバランスもリセットされるので、この時間帯に睡眠していることが大切ということは多くの女性がご存知のことと思います。睡眠時間だけではなく、睡眠の質も重要になります。

 

運動不足

運動不足も、女性ホルモンに悪影響な生活習慣です。運動不足だと自律神経の動きが弱くなってしまい、ホルモンバランスが崩れやすくなります。激しい運動である必要はなく、散歩やストレッチでもよいので、毎日少しでも運動をするようにすると女性ホルモンにも効果的です。

 

ストレス

ストレスは、女性ホルモンだけではなく、体や心に悪影響を与えます。ストレスで病気になる方も少なくないですからね。ストレスフリーの生活というのは難しいことではありますが、上手にストレスを発散する方法を見つけて実践してみてください。

 

喫煙や過度な飲酒、無理なダイエットなども女性ホルモンに悪影響な生活習慣になります。また、女性ホルモンには「トキメキ」も必要です。