女性ホルモン 不足

MENU

女性ホルモンと肌荒れ?増やす食べ物などについて

女性ホルモンと肌荒れというと、恋をしている女性は肌がキラキラ、ツヤツヤして、化粧ノリもいいなどと言われますが、肌にこのような効果を与えるのが女性ホルモンといわれています。つまり、女性ホルモンが不足すると肌荒れを引き起こすということになります。

 

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、月経周期によって分泌量が変わります。肌荒れや美肌に関係している女性ホルモンはエストロゲンの方だと考えられていますが、プロゲステロンが過剰に分泌された場合も肌荒れやシミの原因になります。

 

女性ホルモンを増やす食べ物は、大豆イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンE、パントテン酸を含む食材ですが、特に大豆イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをすることがわかっています。大豆イソフラボンを多く含む食べ物は、大豆、納豆、豆腐、豆乳、油揚げ、きな粉、味噌などがあります。

 

女性ホルモンに悪影響な生活習慣(栄養バランスの悪い食事、睡眠不足、運動不足、ストレス、喫煙や過度な飲酒、無理なダイエットなど)を避けるようにする必要があります。

女性ホルモンとニキビの因果関係

女性ホルモンはニキビができる原因であることがあります。ニキビができる原因は、さまざまなものがありますが、女性ホルモンのバランスが崩れるとニキビができることがあるのです。逆に言えば、女性ホルモンのバランスを整えることで、ニキビができるのを防ぐことができますし、できてしまったニキビをすぐに治すこともできるのです。

 

ニキビができるのは、毛穴に皮脂や皮膚の角質が詰まる角栓という現象が起こるのが原因ですが、これは男性ホルモンの働きによるものなのです。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類があり、エストロゲンは皮脂が分泌されるのを抑制し、プロゲステロンはエストロゲンとは逆に、皮脂が分泌されるのを促進します。

 

エストロゲンを増やすことで男性ホルモンの働きを抑え、毛穴が角栓で詰まることを防ぐことができれば、ニキビができることを防ぐことができるということになります。

 

ただし、エストロゲンをとにかく増やせばいいというものでもなく、ホルモンのバランスが重要です。また、ニキビができる原因は女性ホルモンのバランスが崩れることだけではありませんのでご注意ください。