更年期障害

MENU

女性を悩ませる更年期障害とは

更年期障害ではのぼせや火照りなどの体調面の変化や、イライラや集中力の低下など精神面でも大きな影響が現れます。一般的に更年期障害は40代以降の女性で多く見られますが、これにはエストロゲンという女性ホルモンが大きく関係しています。

 

女性の場合、思春期に入るとエストロゲンが上昇し、子供を作れる成熟した身体へと変化していきます。その後成人した後では月経の周期により安定してエストロゲンの増大と減少が繰り返されますが、これらがバランスよく行われていれば特に問題は起こりません。

 

しかし、一般的に更年期と言われる40代に入るとエストロゲンは減少し、特に月経が終わる閉経直前には極端にエストロゲンが減少することになります。

 

このようなエストロゲンの減少が起こると、脳はエストロゲンを増やすために性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌します。これによって通常はエストロゲンが増えていくのですが、卵巣の機能が低下した更年期では正常に分泌が行われません。

 

ホルモンは女性の身体の健康や精神の安定を保つ上で必須となるものなので、このようにホルモンのキャッチボールがうまくいかない状態が続くと、体内のホルモンバランスが次第に崩れていき、更年期障害に見られる諸症状に悩む女性が増えてくるのです。

比較的若い方でも更年期障害になる危険性

更年期障害に悩む女性の年齢は当然更年期である40代以降ですが、最近では20代30代の女性でも更年期障害と見られるような症状に悩んでいる方も多くいます。

 

これは生活習慣の乱れやストレスなど様々な原因が考えられますが、そのきっかけとなるのは40代の更年期障害と同じく女性ホルモンのバランスの乱れです。

 

こうした女性ホルモンの乱れからくる更年期障害には、女性ホルモンのバランスを乱す各種の原因を撮りのどくことが有効な対策です。

 

女性ホルモンに関わらずホルモンバランスの乱れの多くはストレスが起因となることが多いので、可能な限りストレスの貯まらない生活を心がけたり、発散の場を定期的に持つなど具体的なストレス対策が有効です。

 

また身体の歪みはホルモンを正常に体内に循環させることの大きな妨げになりますので、骨盤や頭蓋骨の矯正など、整体によるアプローチも有効な手立てです。

 

その他にも生活習慣の改善や食生活を見直すなど、地道なものではありますが確かな効果が期待されるものなので、ぜひ生活に取り入れて下さい。